Visit auto translated English page

みる・はかる・あやつる分子機械の創出

北口研究室は東京工業大学・科学技術創成研究院・化学生命科学研究所にあるバイオイメージングと分析化学を専門とする研究室です。分子生物学的手法やケミカルバイオロジー的手法を自在に組み合わせることで、独自の作動原理をもつバイオセンサーを蛍光タンパク質や抗体、酵素から開発しています。そして可視化や計測にとどまることなく、ユニークな機能をもつ分子機械の創出へとつなげています。

”X”で日ごろの様子も発信していますので、そちらもご覧ください。


NEWS

2024.04.10  東京医科歯科大学とのマッチングファンド研究成果発表会でZhu助教が口頭発表しました。

2024.04.04  北口准教授と安田助教の上田宏教授追悼文が生物化学的測定研究会の年報に掲載されました。

2024.04.01  Tianさん(D1)、上野さん(D1)、三谷さん(M1)が配属されました。

2024.03.31  井上さん、笹本さんがラボから旅立ちました。

2024.03.31  小野さん、数見さん、倉田さん、渋川さんがラボから旅立ちました。

2024.03.30  北口准教授が著者のみんなの生命科学第2版が出版されました。

2024.03.28  生物工学会・非線形バイオシステム研究部会で北口准教授が招待講演しました。

2024.03.27  Zhu助教の酵素スイッチの総説が日本化学会ニュースレターに発表されました。

2024.03.25  歓送会を行いました。

2024.03.20  化学工学会でD3の井上さん、Zhu助教、安田助教が口頭発表しました。